夫婦円満を維持するために気をつけている1つのこと

スポンサードリンク




結婚し、夫婦になり、日々を積み重ねていく。

その期間が長くなると、

話さずともわかってほしい

と、思ってしまっていませんか?

夫婦の会話をふやそう

毎日の仕事、家事、子育てetc・・・

日々のいそがしさに流され、夫婦の会話も少なくなっていく。

たとえば、

私、今家事してるんだから、子供をお風呂に入れてほしい。。

と、思っていたとします。

ちゃんと言葉で伝えていますか?

私、できていない事が多いんです(笑)

雰囲気で察してほしいって思ってしまい

そういう態度とかオーラ?を出してしまうんですね。

そうなると、不機嫌さが相手にも伝わってしまい

よけいに険悪なムードになってしまいがち。

でも、その時は自分ではわかっていなくて。

きちんと言葉でつたえてみよう

独身時代、女友達との会話で

彼氏へのグチや不満などよく話しますよね。女子あるあるですね(笑)

延々と話し込んだあと、〆になる会話が

「察してもらおうとおもったら大間違い!(笑)」

「言わないと伝わらない!」

すでに独身時代に悟っていました(笑)

結婚生活が長くなると

そういう簡単な行動1つが

なんだかむずかしく自分でこじらせてしまっているんです。

相手が今なにを思っているのか。

自分が今なにを思っているのか。

心の中にしまいこまずに口から外に!w出してしましょう~。

知ること 伝えること

すごく大事だなと再確認しました。

つい先日のこと。

ダンナさんと今後の家族の方向性みたいなことを話しました。

10分ほどだったけれど濃厚な時間でした!

お互いが、できること・できないことを

明確にしたことで役割分担がさだまってきました。

不機嫌な表情でいると夫婦間、

はたまた家庭内の空気もよどんできますよね。

今日、あったことなどなんでもいいと思います。

まずは、言葉にして相手に伝える練習から。

その繰り返しで夫婦円満に近づけるといいですよね。

 

 

 

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

アバター

子持ち主婦のnyonです。 家族の生活を大切に。 ゆるゆるとnyonの好きを発信。 何か共感できる部分が少しでもありますように。