友達ってありがたい と思ったこと

スポンサードリンク




友達って何人もいりますか?

ふと、友達について考えてみました。

そもそも友達の定義というのは

型にはめて言うものでもなく

人それぞれ とらえ方が違うと思います。

それでいいと思います。(終わってもーた)

私には大事な友達がいます。

リーダー的存在だったKちゃん。

幼馴染みでもあるKちゃんは、

小さい頃から高校卒業するまで一緒でした。

無駄に熱くて←情にもろい、そしてめっちゃ面白い!!!

お互い結婚して

お互い兼業主婦で

同じ市内に住んでいます。

すごく仲良いいのに連絡するのは年に1,2回!(笑)

それぐらいがいいのです。

たまに連絡して「○日会おうや~」

が、可能な彼女。

この前も(この前ゆうても1年前)ふいに思い立ち

連絡してカフェで会って談笑2時間(笑)

子供の帰宅時間がなければ

コーヒーとそんなに美味しくないパンケーキで

5,6時間は話せてたけど。(いや、3時間くらいやろ)

二人をとりまく環境は変わっていたけれど

中身は一瞬で学生時代に戻ってしまうんですね(笑)

そして、素の自分をみせられる。

あの地域に私を生んでくれたお母さん、ありがとう!!

友達は必要?

たった一人でも自分を受け入れてくれる友達がいること。
それは、生きていく上で心のおおきな必須アミノ酸になる。

(ロイシン、イソロイシン、バリン、トレオニン、

リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン

by体内で作られない必須アミノ酸←)

年に1,2回会うだけでも(めっちゃ家近いのにw)

満たされるのです。

人と話すとき、

「あ、この人違うな」

「なに、この人めっちゃ気ー合うかも」

ってなんとなく一瞬でキャッチしてしまうクセがあり

前者の場合、「次」が発生しにくいです。(当たり前や)

そして、小さいころからの友達は

前者、後者の両方がなくて

いつの間にか仲良くなってて(ただ覚えてないだけ)

損得なしで付き合えるんですね。

 

まとめ(絶対まとまらんやろ)

私の持論は

自分の本音を相手に言ったとき

きちんと受け入れてくれること(その後のダメだしは聞いたり聞かなかったり←)

悪いことに対して何がいけないか一番わかっているのは

自分なので(わかってない時がほとんど)

それを踏まえたうえで味方でいてくれる方が

友達だ!と思っています。

友達との間に損得が生じている時は

もはやそれは友達ではないような気さえします・・・。

大人になって友達を作ることって

見栄や体裁が気になってしまい

見えない壁

ができてしまっていますよね。

自分のフィーリングを信じて

「あ この方なら気ー合いそう」

と、思った方と巡り合えるといいですね。

その時は、見えない壁をとっぱらう時かもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

アバター

子持ち主婦のnyonです。 家族の生活を大切に。 ゆるゆるとnyonの好きを発信。 何か共感できる部分が少しでもありますように。