絵本・えんとつ町のプペルを読んだ感想

スポンサードリンク




ふいに思い立ち、夜ツ○ヤに買いに走った本。

にしのあきひろ(キングコング西野)さんが描いた

「えんとつ町のプペル」という絵本。

以前からTVで知っていたけど

なんだか急に子供たちに読ませてあげたい

手にとってほしい

と、思ってしまいました。

夜にわざわざ買いに走る必要もなかったんですけれどw

ハロウィンにぴったりなえんとつ町のプペル

ハロウィンにちなんだストーリーになっています。

ゴミ人間の「ハロウィン・プペル」と

煙突掃除屋の男の子のルビッチ。

二人の友情と、星を探す物語です。

子供たちの反応

買ってきてすぐに二人に渡すと

息子
俺が読む~
私が先でーーー

と、絵本の取り合いw

一人、2ページずつ音読で仲良く読み始めました。

読み終わったあと、

ママも早く読んでみてー!
息子
俺ちょっと感動した(笑)

でした。

早速私も「えんとつ町のプペル」を読んでみた

まず、思ったのが

とっても絵がきれいなこと。

繊細な描写で、一つ一つ細かく描かれていて

素直に「きれいだなぁ!」「すごいなぁ。」

という、驚きと喜びでした。

ストーリーを読み進めていくと・・・

あまりネタばれしないように書きますね(笑)

信じぬくことをおしえてくれた

えんとつ町の空は煙でいつもいっぱい

煙の向こうに星があるんだ

と、いうルビッチの父親の言葉を信じて。

プペルとルビッチの友情、お互いを

信じぬくこと

この二つに「信じぬくこと」と

いう言葉が繋がっていると思います。

私は読み終えると涙が出てきました。

最後に

子供たちが目をキラキラさせて読む姿に

買ってよかったと本当に思いました。

下の娘は、毎日

プペル読む~~♪

と、言い大好きな絵本になったみたいです。

私も、心が優しくなれて

改めて信じることが、どれだけ大切なことか。

信じぬくことがどれほど大事かということが

胸に残りました。

信じるって難しいです。

本当に!(笑)

相手によるかもしれないけれど

信じ続けることって

自分との戦いだと思うんですね。

「裏切られたらどうしよう」

と、いう思いに支配されてしまうと

身動きとれなくなって

嫌な自分がでてきてしまいそうになる。

だめだなぁって思うんですけど・・・。

この絵本を読んで、

「信じること」

が、大事なんだよって

いつでも教えてくれる。

大切な場所に自分を引き戻してくれるような、

とても大切な絵本になりました。

日々に流され、心がささくれだっている時に

手に取りたい本になりました!

なぜだか、ふいに夜買いに走った絵本でしたけど(笑)

子供たちも喜んだし

私自身も、大切なことを再確認させてもらった

この絵本は、本当に買ってよかったなぁというのが

私の感想です。

よろしければワンクリックお願いします☆
↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

アバター

子持ち主婦のnyonです。 家族の生活を大切に。 ゆるゆるとnyonの好きを発信。 何か共感できる部分が少しでもありますように。